タチバナ@774Netz

-進学就職情報メディア-

結婚の重要性がようやく理解されてきた30代前半前の世代で結婚願望が増大

結婚したい人が増えている

新型コロナウイルスの感染拡大は、結婚観にも変化をもたらしているようだ。 

外出も人と会うことも自粛を余儀なくされ、家族の大切さを再認識したためか、「結婚したい」と考える人が増えている。

結婚情報サービス会社のオーネットが20歳から34歳の独身男女に調査をしたところ、
2019年と比較して2020年は「結婚するつもりはない」と答えた人は減少傾向にある。

とくに25〜29歳の男性の減少が目立つ。2019年に「結婚するつもりはない」と答えたのは26%だったが、
2020年には14%になっている。

また、「結婚したい年齢」も若年化している。何歳までに結婚したいかを聞いたところ、
25〜29歳の女性では「34歳までに結婚したい」と考えている人は2019年には58%だった。
https://toyokeizai.net/articles/-/398314

コロナ関係なくみんな頭が良くなってきている

普通に考えたら結婚した方が良いに決まっている。ダブルインカムの安定感、子供がいることで自分の生きた証を残せるという期待感。

結婚して子供を産まなければ手に入れられないものばかりだ。

みんな勉強を頑張って、良い学校に入って良い会社に入るまでは目指すのに、その後の結婚を目指さないなどあり得ないのだ。

最近の若者は本当に真面目で頭がいい。劣悪な環境で育った出来損ない世代のダメな部分を反面教師にしているからであろう。

この世代が上に立つ時にようやく日本に新たな夜明けが訪れるのだ。

結婚は運ゲーだからとにかく異性との関係はたくさん持つこと

全国転勤やらなんやらがあると結婚のタイミングが非常に難しいのでとりあえずたくさん関係を持つことが大事だ。

修羅場もいくつも乗り越えることになるが、未婚より100倍マシだ。

そして何よりモテる人がモテる。

不思議なことにそこまで魅力的では無いのにモテるというだけで更にモテる。またが加速していくのだ。人間とは愚かなものである。

まぁ、めんどくさい話は置いといて、とにかく異性と遊びなさい。以上。