タチバナ進学就職塾@774Netz

-進学就職情報メディア-

人生は結局気付きのゲームなんだよな悟りを開けばゴール

人生は気付きのゲーム

苦しい時に乗り越えるとよくわかりますが、人生は気付きのゲームです。

その気付きを得るために何回でも挑戦しなければなりませんし、たくさんの本を読まなくてはなりません。

誰よりも早く気付いた人は仏陀になった

仏教って実は気付きのゲームである人生の攻略法の教えなんですよ。

このクソ苦しい地獄から気が付き行動するだけで天国になるんです。

悟りを開いたらほぼクリアみたいなものです。

インテリ層が仏教にハマるのもそのためです。気付いてしまったんですよ。人生というゲームの本質に。

自らの仏性に気が付き、その要素を育てていけば確実にこのクソゲーを攻略できます。

難易度は高いですが、5%ぐらいの人は意外とクリアしているものです。そこに入れるか入れないかは気付き次第なのですよ。

 

頭いい人は大抵40前後で悟る

四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳したがう、七十にして心の欲する所に従えども、のりをこえず

 

孔子」は晩年、自身の人生を振り返ってこう言いました。

つまり、彼は四十歳で悟りを開いたといえるでしょう。

心が迷うことがなくなり、天から与えられた使命を知り、人の言葉に素直に耳を傾けることができるようになり、自分の思うがままに行動しても正道から外れなくなること、これは悟りを開いた人の究極的な特徴といえます。

 

インタビューした50人がどんな人だったのかというと、平均年齢53歳。PNSE(悟り、覚醒)を最初に体験した平均年齢は41歳だという。全員が白人で、男性が78%。いろいろな手を使って女性PNSE体験者にコンタクトを試みたが、うまくいかなかったらしい。またほとんどの人が米国在住で、英語のネイティブスピーカー。約半数が何らかの宗教を信じているが、残りの半数は信じていない。ほとんどの人が何らかの形の瞑想を実践しているが、14%の人は瞑想をしたことがないという。つまりインタビューされたのは、割と一般的な米国の白人男性が中心ということになる。熱心な宗教家ではない。

「悟りってどんな状態?」悟った50人に心理学的手法で詳しく聞いてみた結果とは TransTech Conferenceから | AI新聞=AI Weekly=