タチバナ進学就職塾@774Netz

-進学就職情報メディア-

営業マン消失問題15年間で130万人減少営業だけはやりたく無い学生

営業マンが15年間で130万人減少

f:id:createday:20191021232730p:image

営業マンが15年間で130万人減少したそうです

インターネットの時代は1:10000万の世界

インターネットの世界と言うのは基本的には一体1番の世界になっています昔であれば一対1の関係性でしたので営業マンがたくさん必要になっていたと言う事ですが今は一体1番の世界になっていますので潜在的な営業マンの数と言うものも非常に少なく運営できるようになっていると言うことですつまり営業がどんどんどんどん少なくなってきてはいますがより結果を残せる能力なる人は今でも必要とされると言うことでかなり少数精鋭がされてきておりますので営業が少しでも苦手だなと思う人は営業という職種を選ばないことが重要になってくると思います

営業マンがバカすぎる

生き残れない営業マンと言うのは基本的には馬鹿すぎる営業マンです今まで営業マンと言うのはごり押しごり押しで案件を獲得してくれる契約を結ぶと言うようなことができた時代がありましたしかしながら今はそんな時代ではありません経営者の多くがどんどんどんどん優秀になっていっている時代ですので基本的に優秀な人というのは馬鹿な人とは一切付き合いを立ちません考えてもみれば当たり前ですが頭がいい人からすると馬鹿な人と言うのは非常に不快な相手だと言うことです営業マンがどんどんどんどん削減されていくと言う限りはその営業マンたちが馬鹿すぎると言うことも原因の1つに挙げられるのですコンサルタントと営業マンどちらが大事なのかと尋ねられと営業マンの方は絶対に営業マンのが大事だ俺たちがものを売るから会社は成り立っているんだと思っていますが経営者からするとすでにコンサルタントの方が重要と判断していますし実際その通りです営業を仕掛けるよりもむしろマーケティングをどれだけやっていくか効果的にマーケティングを行っていけるのかということに関して非常に力を入れていますのでどんどんどんどん営業マンと言うのはコンサルタントに近いようなマーケティングのほうに向かっていかなければならないのです。この方面に進めない営業マンは切り捨てられていくことでしょう。

雇われで営業するのは割に合わない

営業というのはものすごく難易度が高くて大変な仕事ですですのではっきりって営業でサラリーマンをやるのは損だと思います割に合わないんですよねこれほど大変な仕事をしているのでほとんど貰えるお金は増えないと言う状況であれば当然のことながら営業を目指す人は少なくなりますし営業のお金をかけたとしてもそれでもどんどん売れると言うものではありません1人の優秀な営業マンがいたとしても会社からすればはっきりって売り上げは微々たるものでしかありませんインターネットを活用したマーケティングを行って行ったほうがどう考えても結果が出るからこのようなことを考えるとまだまだ営業マンは減っていくと思います私より少数精鋭活かしていくことが予想されます初めから向かないなと思う人であればがんばって別の職種を目指すことをお勧めします