タチバナ進学就職塾@774Netz

-進学就職情報メディア-

内定ホールドしてください文句言う会社はブラック企業です

内定ホールドは正義

内定ホールドに関して私は内定ホールドをしつつ、数多くの企業を受けてきました。4つの内定を受け取り、内定後、内定承諾後、内定者懇談会後に内定を辞退しました。

典型的なパターンの内定辞退は全て経験したと思いますが、基本的に内定自体に関しては人事の方は落ち込みますし、断るほうも申し訳ない気持ちにはなりますが、内定を断ると言うのは大学生に与えられた権利ですし、そもそも人事なんて嘘八百でお世辞で褒めてきたりして、なんとか引き止めようとしてきますが、それは採用ノルマを達成できないと怒られるからですよ。

ただ、それだけ。

本当に私が優秀だと思うのであれば、月収30万円から雇ってくださいといえば黙ります。所詮そんなものです。

企業がどうこうできる話でもありません。法的拘束力もありませんし、そもそも企業側も経団連が出したルール守ってないですからね。

あれも、法的な拘束力がないのでやりたい放題なわけです。企業側もやってんなら学生側もやって何が悪い。

内定を断るのは双方にとってもメリット

内定辞退した時点で、清く承諾しない、あるいは怒鳴りつけるといったことがある場合。100%ブラック企業ですので、やめて正解だと思います。聞いた話だと、結構銀行とかは内定辞退に厳しいイメージがありますが、まぁ察しの通りです。

内定を断った企業とは、今後も関わる可能性はありませんので、バッサリと関係を断ち切ってください。

そもそも辞める意思のあるものを繋ぎとめておいても結局辞めるだけです。

企業側にもメリットはありません。学生側も人生がかかってますから、企業以上に慎重にならざる得ません。人が採用できなくて潰れる企業など、潰れた方が良いのです。とにかく、クソな企業には入らないこと。そして、一片の同情も慈悲も見せないこと。

内定ホールドは滑り止め受験でも滑り止めありますよ?

確かに滑り止めとして扱われるのは心外かもしれませんが、所詮その程度の企業だと言うことを自覚した方がいいです。

そして、多くの学生が入りたいと言ってくれるような企業を目指すべきです。

就職と言うのは、その人の人生を大きく左右します。仕事は人生の2/3を占めます。進学以上に人生に大きな影響を与えます。その重大な選択の中で、内定ホールドをせずに押し切られるような、不完全燃焼状態で仕事に就いても後悔しか残りません。

内定ホールドしたくない?しても良いの?

何を寝ぼけたことを言ってるんですか!

進学の時だって散々滑り止め校を受けたでしょうが!

就活は自分のことだけを考えなさい。自分が納得する企業に、仕事に就くことが最も他人にとって利益を与えることになるのです。 

いやいや働いても、企業もその取引相手も迷惑ですし、あなた自身も幸せになれません。

誰も幸せにならないのです。ですから、就活は自分のことだけを考えて、自分が最も社会に貢献できる道を選んでください。それが他人のため、社会のためになるのです。