タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

金融業キツイ…ツライ…転職したいと思ったらこの業界のこの部門が狙い目

金融業界キツスギィ!!

新入社員として入社をして数年経った人は思うんじゃないでしょうか?

金融業きつすぎ…辛い…転職したい…そう思うことでしょう。

ここで言う金融業とは、銀行や保険、証券会社のことを指します。

働いてみてどうでしょうか?

おそらく、ものすごい量のノルマが出て、古臭い慣習の中で、くだらないルールの下、日々仕事をして疲弊していることだと思います。

中には、パワハラなんかも来てる人もいるかもしれませんね。

金融業界出身者の転職先は?

ということで、金融業が辛いきつい転職したいと思った際に、じゃあどの業界がいいんだろうか、あるいはどの部門が自分の能力を必要としているのだろうか、という点について話していきたいと思います。

基本的に金融業の知識が求められるスキルが求められる企業と言うのは、やはり金融業になってしまいがちです。

営業をしていたのであれば、営業職として求められることが多いでしょう。

中小企業の経理やあるいは財務部門といったところに入ることも無理ではないでしょう。

ただ、金融業界に入った新人というのは、大抵リテールつまり営業やらされますので、なかなかこういった経理や財務といった知識を身に付けている人は少ないんじゃないでしょうか?

やはり、経理や財務といった職業は、実務経験が求められます。いくら若いといっても、実務経験が全くありません、と言う状況だとなかなか仕事が見つからない可能性があります。

この業界のこの部門が意外と穴場!

様々な転職サイト見ていくと、金融業界で得られた能力を欲しがっている業界のとある部門が存在することに気が付きました。

それはどこか、メーカーの購買部と呼ばれる部門です。

 

間違いなく、金融業の営業より待遇も良いですし、キツさもマシだと思います。

 

良い求人だなぁと思って見てみると、歓迎条件に金融業界の経験がある第二新卒と書いてありました。

なるほど。確かに購買部と言う点で、安くものを仕入れるだけのメンタルの強さが必要で、強引な営業力も必要なってきます。

また、為替でも大きく価格が変わってくるものなので、こういった知識がある金融業界の人材を欲しがるのもわかるなと。

 

それでは、購買部とはどのような仕事なのか。単純に材料等の仕入れを行う仕事です。

取引先と価格交渉しなければなりませんし、高い値段で買うと自分の会社の利益が減りますから、非常に重要な部門です。

はっきり言うと取引先からは嫌われる部門だと思ってください。

 

まぁ嫌われるなんていうのも金融業界の営業していれば当たり前の話ですし、個人向けに金融商品を押し付けると言うこともないですので、どちらかと言うとまだこっちの方が、「いやこっちも仕事だから」みたいな心の持ちようなので、少しは楽なのかなと思いました。

実際金融業界の営業って詐欺的なところがありますからね。

性格のいい人だとすぐに病んじゃってやめてしまうことが多いと思います。

私は金融業の方が勧めたものは絶対に買わないようにしています。ごめんなさい🙏

はっきりって営業しても意味ないと思うんですけどね。興味ある人は自分で買うし。

その話は置いといて、金融業界があまりにも辛くて辞めたい、転職したいと考えている人は、転職サイトで購買部を探してみるのも良いかもしれません。

私が見た中でこの求人があるのはDODAが多かったと言うか、ここぐらいしかなかったですね。

基本的に転職はDODAでOK。求人サイト山ほど見てきたけど、ここが一番優良な求人が多いです。

 

転職サイトおすすめランキング

 1位DODA

 個人的に最も良質な求人が多い転職サイトはDODAだと感じました。とりあえずDODAで仕事を探してみるのがいいと思います。

dodaはIT業界の転職に強いエージェントです。
転職エージェントにも総合型や専門型があり。さまざまな特徴や強みがあります。とりあえず、転職を考えるのであれば、dodaは登録すべき転職エージェントですね。

私が最もよく活用したサービスです。

 

ITエンジニア向け

社内SE転職ナビ

顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】 

社内SE専門の転職サイトもあるため、社内SEとして転職を考える場合には社内SE転職ナビもいいでしょう。

 

二次請け・三次請けのSE職が、大手企業へステップアップ転職するのは、現実問題としてハードルは高いです。

請負派遣や客先常駐の零細SIerの現職から脱出し、キャリアアップして上流を目指すことは簡単なことではありません。

自力では困難なハードルを越えるには、自分自身のスキルを正確に把握し、適切にアピールする必要があります。

安定した大手企業への転職を目指すなら、今までのスキルを活かして即戦力を武器に、IT業界に強みのある転職エージェントを利用するのが、一番の近道です。

中小下請けSEから大手企業に転職成功させて、脱奴隷・年収アップを狙いましょう。

 

その他の転職エージェント

RE就活はあまりいい求人がありませんでしたね…

第二新卒向けの転職エージェントなので、大手からの求人は少ないです。

転職サイトよりも、面談型の転職サービスを使った方がいいと思います。なぜならば、隠しルートがあるからです。

求人を掲載しているだけのサイトと転職サイトの違いは、限定求人にあります。

転職エージェントであれば、限定求人というものがあり、ウェブで公開されていない求人があります。これを狙うしかありません。

限定求人の中には稀に掘り出し求人があります。第二新卒で大手、大企業に行きたいというのはほぼ不可能ですが、ブラック企業からの脱出は確実にできます。

neoキャリアが割と良いです

 

neoキャリアは新卒から第二新卒、高卒、中卒まで幅広く支援しており、就職エージェントとしてはかなり大手です。私も新卒時代に利用したことがあります。

 

オススメされたからといってむやみやたらに「受けます」と言うのはやめましょう。説明会や選考に勝手に応募されてしまうことがあります。

 現在フリーターの方や非正規の方であれば、高望みはできませんが、それでもブラック企業に入るのだけは無駄です。選べる立場ではありませんが、しっかりと企業は選びましょう。

私の実体験上、メーカーに関しては割とまともな企業の求人があり、限定求人だったりすることもあるため、ねらい目です。

エージェントはうまく利用しましょう。利用されることなく、利用するのです。エージェント経由のほうが日程の調整や各種の連絡を代行してもらえ、面接の練習もできます。

ESの書き方も教えてもらえるでしょう。

ある程度、経験値を貯めたら、エージェントが持っていない企業への応募も考えましょう。エージェント利用の会社は人が集まらなくて困っている会社です。

エージェントに頼まなくとも、人が集まる会社は自社のHPで採用応募をしていることが多いため、良い会社を見つけ次第、その会社のHPへ行きましょう。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

 

転職してる暇がない!って人は転職エージェントを使うと良いと思います。

 

第二新卒ならウズキャリアが良さげです。あらかじめブラックな求人を排除していると言うことで、かなり満足度が高いです。ブラックだから辞めたいのに、またブラック入ったら元も子もないからね。