タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

転職の際に給料を盛ると年末調整でバレます

給与を実際より高く申告すると、ばれる?

転職先で給与額を決める際、前職での額が参考にされるケースは多いです。やはり、給料がその人の価値と言っても過言ではないですから、当然企業としても年収次第では採用する、しないの天秤に乗せます。高ければ良いというものでもありませんし、低過ぎても本当に能力があるのか疑てれてしまいます。
面接の場で前職の給与額を質問されることがあります。

少しでも給与を上げたい!という思いから実際より高い額を申告するのは正直オススメできません。

当然企業としても、優秀な人をなるべく安く雇いたいと思っていますからね。逆に低すぎる年収を提示しても能力が低いのではと思われるので、正直に答えるのが無難です。

年収盛ってもバレるよ

面接時にはばれなくても、年末調整の際などにバレます。
現在の会社での給与を実際より高く申告した場合、面接時に判明することはあまりないですが、入社後の年末調整などの機会に、源泉徴収票で発覚することが多いものです。入社後に会社での信頼を失うこともありますので、正しい金額を伝えるべきです。

 

良い会社に入れたとしても、信用をなくし、人間関係がうまくいかなくなると、やはり辞めてしまう可能性が高くなります。

 

副業をしているとごまかすのも危険

給与所得の他に副業をしていると、給与所得ではありませんから、源泉徴収票に情報が出ないことがあります。

副業を入れての年収ですと言えば、確かに、年収は上がりますが…

新しく入る会社としては、副業は労務管理の手間がかかり歓迎されません。副業許可も条件に入れてもらわなければならなくなりますし、先行が不利になります。

副業があっても、年収は盛らないようにしましょう。

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識 改訂新版 これだけは知っておきたいシリーズ