タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

人生における三大初見殺し進学・就職・転職を知ることで人生がイージーモードになる

人生における最大の初見殺し

人生の初見殺しとて、進学・就職・転職と言うものがあります。転職に関しては、全ての人が経験することではありませんが、おそらく半分以上の方は経験することになるでしょう。転職経験者の割合は52.5%だそうです。(DODA調べ)

2人に1人が転職経験あり 〜転職活動の実態調査 |転職ならdoda(デューダ)

できれば、しないに越したことはないんですけどね。初見殺し要素はできる限り減らすべきです。

当サイトではこの3つの初見殺し要素をいかに攻略していくのか、と言う情報を載せています。このブログに書いてあることを頭の中に入れておけば基本的に最悪の状況は防げるのではないかと思います。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

進学の攻略法

まず、初めに多くの人の前に現れるのは進学でしょう。大学進学か、それとも専門学校、短大あるいは、就職を選ぶと言うことも考えられます。基本的に私の考えでは大学進学一択だと考えています。

これまでは、専門学校が最もありえない選択肢の1つだと私は思っていましたが、最近では専門職大学院と呼ばれるものも誕生したので、こちらに行くのは賛成しています。得られる資格は大卒ですからね。

専門と大卒の良いところ取りです。

短大進学に関しても、4大の編入が可能なため、ひとまず短大に入ると言うことであれば、悪くない選択肢かもしれません。

そして最後に就職。

こちらは工業高校の方のみ就職と言う選択肢はアリだとは思いますが、それ以外の普通科、商業かあるいは、農業科といった高校に関しては、大学進学すべきだと私は考えています。

単純に大企業に入ることが難しいからと言う理由と、やはり高卒と大卒では生涯賃金の差に大きな違いが見られるます。

そして、高卒の就職活動と大卒の就職活動のルールの違いがあまりにも大きいこのです。

大卒は何社も受けて、できる限り。自分にあった企業を選ぶことができます。高卒は一社ごとしか受けられず、基本的に一社内定が出ればそこに入らなくてはなりません。断ることもできますが、滑り止めという概念がないので、就職に失敗するリスクが高いのです。

大卒の方が選択肢が多くなりますし、自分の人生の幅があって圧倒的に広いです。

そのため、大学進学を進めています。

現在の若者は基本的に大学進学することが多数派になっており、精神の成熟度が昔と比べると遅い傾向にあります。

そのため、中学高校生の間に自分の将来を決めるということができません。

大学生になっても、なかなか難しいところはありますが、それでも就職活動が始まるまでの3年間と言う猶予期間を与えられる点は大きいです。

また、自分の興味のある学問について大学で学べるため、非常に満足度が高いと思います。

高校の頃の基礎的な勉強ではなく、本格的な学問の勉強することになりますので、人生の中でも充実した時間になることでしょう。

役に立つ、役に立たないにしろ自分の中で、何かしらの知識やスキルを得ることができる経験が得られるでしょう。

理系の人の場合、大学院に進学するという選択肢が出てきます。

私の周りを見ると、院に行く人が多数派でしたね。研究者、研究職で働きたいなであれば、院に進学したほうがいいでしょう。学部卒でもなれないことはないですが、難しいと思います。

大手メーカーともなれば、多くの方は優秀な高学歴の人たちと競話なければなりませんからね。生産技術や技術職、品質管理あたりに回されることが多いです。

この進学の選択に失敗すると、軌道修正が大変難しくなります。

ただ進学に関してはまだ若いと言うこともあり。何とか軌道修正をすることが可能ではあります。就職で成功すればOKです。失敗しないようにしっかりと対策しましょう。

就職の攻略法

その次に立ちはだかる就職に関して。

ここが最も大きく人生を分けてしまう分岐点になると私は考えています。

 

転職の攻略法というか、しないのが一番良い

就職で失敗した場合には、転職と言う手段を取らなければならないのですが、やはり日本において転職と言うのは、マイナスイメージですし、基本的に新卒で入れる会社が最も自分が有利に入れる会社である事は間違いありません。

このブログ内は基本的に転職は20代までにしてくださいと言っています。

30を超えてくるといわゆる頭脳的なスタッフ職ではなくて、兵隊としての役割を求められるようになってきます。

そのため、いつまでたっても給料が上がらないと言う状況になってきます。

自分の人生をかけて仕事をしていくと言う事を念頭に、しっかりと仕事や企業を選んでいかなければなりません。

その猶予期間は20代までです。

理想言うのであれば、20代前半までです。20代後半に差し掛かると一気に状況は厳しくなると思ってください。

基本的にスキルを評価されて引き抜かれる以外の転職はすべて大宮が下がると見て間違いありませんそのためこのブログでは基本的に20代の方が対象に進学から就職そして第二新卒での転職までをサポートしています。

第二新卒を逃してしまった20代後半でもまだまだ転職の機会は残されていますので諦める必要はありませんただ3時を超えてくるとやはり再就職と言うのは難しくなってきますし私の周りの人やそして私の経験上、20代での転職にうまくいった人と言うのはあまり多くはありません前職がブラックで会った人の場合には成功する確率は高いですが元に行様についてから激務に耐えられないと言うことで転職してしまう場合には入って悲惨な末路が待ち受けているといえます。

 

当たり前のことですか大企業は仕事がきついです中小企業もきついのですが大企業特有の社内政治と言うものや求められるスキルの高さと言うものに耐えられなくなる人は数多く存在します大企業であっても平均勤続年数が10年前後の企業は数多く存在しやはり厳しくてやめてしまう人も数多く存在します確かに待遇や給料面は非常に良いですが長く続けられなければ意味がありませんそのためしっかりと自分の適性のある仕事を選ばなければならないのですしかし仕事をしたことがない人にそんなこと言ってもどんな仕事が合ってるのかわからないじゃないですか

そうわからないのですだから人生における初見殺しの1つに就職と言うものが含まれているのです

 

これは勉学や学問選択においても同じです自分が興味があると思っていたものでも実際やってみると想像とは違っていることが多く例えば心理学を学んだ人であれば心理学を通聞いて人間の心理について勉強すると思う方が数多くいるのですが実際は心理学と言うのは統計データを非常に扱う数学的な学問であるのですそのためギャップが生まれてしまい自分がしたかったことができないなんで信じたくなんて選んでしまったんだろうと思う人が数多く存在します

 

これだけで貴重な20代10代後半から20代前半の時間を無駄に過ごしてしまうことになってしまうのですこれも非常に大きな初見殺しの1つです進学と就職この2つを宮前回らなければ基本的には人生は普通に平凡に幸せに過ごせるはずです

 

元の進学でつまずいてしまっても就職で何とか軌道修正をすることが可能ですがこの就職でつまずいてしまうともう後は転職と言う手段しか残されていませんそしてこの転職に関しても先程言ったように基本的には20代前半までに自分の本当にやりたいことを見つけて仕事や会社を選ばなければなりません時間の猶予はほとんど残されていないと言う状況になります大卒で卒業したとして1年目が23歳大抵1年未満で止めるとどこの企業も撮ってくれませんから最悪1年以上勤めたとして25歳でも転職になります

 

 1年しか働いていないと言うことでもうかなり気を脇にするかもしれませんやはり第二新卒を使って就職するというのは現実的には非常に厳しいことであります2年程度働いての転職であれば間そこそこの企業には入るだろうと思いますそうなってくると基本的には25歳の転職になりますやはりここが限度になります年齢で区切っていますのでここに留年や浪人が加わるとはっきりって就職を落としてしまうともう転職と言う手段が使えなくなってしまう使えなくなると言うのは言い過ぎかもしれませんが使いにくくなるのは間違いありませんそのため私は基本的に浪人に関してはあまりお勧めしていませんし浪人をするのであればちゃんと自分のやりたいことと学びたいことを逆算的に考えて計画的に進路を選ばなければなりません

ここでさらに失敗してしまうと本当に後がなくなりますもう人生初終わりかって位にはなるでしょうね

全てに失敗した場合の敗者復活ルート

そうなってしまった場合にも一応日本には救済措置が残されていますそれは個人事業主として独立する事です

 

まともな企業に入れない簡単に言ってしまえば正社員になることができないと言う状況になってくると思いますそうなってくると上を目指すのが非常に難しいことになってきますおそらく皆さんが思っているような普通の生活と言うのは叶わなくなるでしょうその状況を達するためには個人事業主としていちど独立をして正社員クラスの人間になるしかありませんそこから努力していけばむしろ正社員の人たちよりも地位の高い経営者と呼ばれるような存在にもなることができます最悪のケースの場合この方法しかありませんしかしやはり個人事業主として生活していくのは大変です勉強できる人であってもビジネスがてんでダメと言う人もいますし逆に勉強はできない。ビジネスがとても上手い人がいますそういうことであれば何とか再起することは可能ですがそうでなければ難しいでしょう

 

選択肢を謝れば謝るほどどんどん人生はハードモードになっていきますその点は理解してくださいやはり1番人生を楽にイージーモードに進んでいきたいのであればこの3大初見殺しである進学就職そして転職を失敗しないことが非常に重要でありそしてつまずかないことも重要でありますとにかくストレートに進学してストレートに行家に就職するそれが1番楽な方法であるのは間違いありません最悪の場合、色があると考えてください

 

その転職に関しても初見殺しが多いので基本的には会社を辞めないで転職活動してくださいよく突発的に会社を辞めて転職をする再就職を目指す方がいますが非常に厳しいですしまず持って会社に足元を見られるのは間違いありませんそのために行行に入るのは難しくなります

 

^_^この転職と言う選択肢が頭の中に出てきた場合には即座に消してくださいどうしても死ぬほど辛いこのままでは死んでしまいそう思った場合のみこの選択肢を選んでください基本的にこの選択肢は最後の救済処置だと思ってください

 

普通の人は進学と就職で終わるんです。この2つのどちらかで失敗してしまうと

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点 (講談社+α文庫)