タチバナ進学就職塾@774Netz

-進学就職情報メディア-

転勤がそんなに嫌?地方出身者からするとメリットだらけだよ?

転勤になったら読む本―新生活をスムーズにスタートさせる実践アドバイス (3分間で1ヒント)

就活生の7割が転勤を敬遠…

 

 これまで男子学生は転居を伴う転勤があり、仕事内容や昇進に限度がない総合職を、女子学生は転勤はないが、昇進は限られる一般職を選択するのが一般的だった。ところが最近は、転勤のある総合職を敬遠し、転勤のない一般職を選ぶ男子学生が増えてきたという。

 就職、進学情報の提供や調査等を行う「ディスコ」(東京都文京区=新留正朗社長)が2019年卒業の就活学生に「あなたが理想としている働き方」についてアンケートをしている(18年3月調査)。それによると、「ひとつの場所で働きたい」「どちらかというとひとつの場所で働きたい」と答えた大学生が67.6%(5671人が回答)と、約7割が転勤を敬遠しているのだ。

 また、昨年9月時点の調査では、内定率89.2%のうち37%の学生が内定を辞退し、その中の約39%は条件が合わないとし、その理由を「勤務地の転勤がある」と42.5%が答えているのである。

「18年卒の学生は69.4%、17年卒でも67・9%の学生が転勤を嫌うという調査結果が出ています。一人暮らしの不安、家庭を持てば家族と離れたくないという理由です。ただ、転勤は出世につながります。転勤を嫌うというのは、将来の出世も考えないということでしょう」(同社・吉田治広報担当)

 一方、転勤のない企業を志望する学生が増えてきたことで、企業の採用状況も変化してきている。たとえばNTTデータは、転居を伴う転勤は本人の同意なしには行われない。またサントリーでは、社員とのニーズのミスマッチを防ぐため、「入社1年目から年1回、本人と所属長の面談で(勤務希望を含めた)中長期のキャリアビジョンを話し合い、その情報を基に定期異動につなげています」(同社広報部)という。

 従来から全員が総合職の募集をしているソニーでは対応は早い。

「うちは本人が自分でキャリアを築くという考えが基本です。転勤はありますが、部署の異動や転勤は人事部から強制的に辞令が行くことはありません。人事部から打診はありますが、基本的に本人の希望で決まります」(同社広報室)

 転勤は出世に不可欠といわれる金融機関でも、就活生の動きに変化が見られるようだ。

「一般職志望で応募してくる学生が増えています。また、転居を伴う転勤のない特定総合職とか、地域限定総合職を選択する学生も増えてきています」(前出の吉田氏)

 東海大学の元教授で就職部長を務めた小野豊和氏が言う。

「その会社の仕事が好きだとか、仕事に成果を求める学生が少なくなりました。残業はしない上に、楽をしても給与がもらえるという働き方改革が学生をダメにしているんです。転勤を敬遠するのは、社会の中で自分を試そうとせず、スタートからリスクを避ける学生が増えたということです」

 働き方改革、売り手市場が学生の働く意欲を変えているのは間違いない。 

(ジャーナリスト・木野活明)

就活生の7割が敬遠…なぜ「転勤嫌い」が急増しているのか(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

 

転勤そんなに嫌?

私は転勤がそこまで嫌だとは思っていない人間なので正直かなりびっくりしました。

中には厳しい意見が出ています。

働き方改革等で確かに日本の労働環境が改善されてきています。

そもそも、仕事に対してそんなに積極的な人なんていないですから、今の若い人たちがダメだと言うのは論点がずれているような気もしますが、確かに転勤を嫌がると言うのはあまり会社に忠誠を誓っていないと思われるかも知れませんね。

個人の生き方の方が重要ですし、私は自分が納得している生き方をする方が良いと思ってもいます。

転勤は転勤がしたい人に任せていれば良いのです。

そうすれば転勤をしたい人と言うのは需要がありますから、給料も高くなりますし、採用してくれる企業も多くなるでしょう。

逆に転勤はしたくない人であれば、転勤をしなくて済むので、それもメリットだといえます。WIN-WINの関係なんですよね

 

転勤が嫌なら転勤は初めから断りましょう

 

転勤なんてものは私のような転勤大好きな人間に任せていれば良いのです。

転勤てそんなに嫌ですか?確かに家庭を持てない、物を持てない、人間関係をリセットしなければならない、などなど…さまざまなデメリットが存在します。

 

しかし人生は長いです。人間関係も必ず変わっていきますし、今は日本の経済状況考えても家庭を持つのは非常に難しく、誰もが家庭を持てる時代ではなくなっています。

物も今は所有の時代ではなく、シェアするのかも時代になってきました。

そんな時代ですから、転勤のデメリットがどんどん薄れているとは思いませんか?

特に私は非常に不便な地方の土地に生まれたので、転勤のメリットを非常によく理解していました。

それは常に同じ人間関係の中でいることへの拘束感と足の引っ張り合いなどの柵がないこと。そして、転勤をする支店と言うのは、大抵ある程度の規模の地方都市であることが多いので、生活に不便すると言う事はなく、むしろ地方の出身者からすれば、生活がより便利になると言う事でもあります。

 

物に関しても、必要以上に持たなくなるので、お金を使ってしまうこともなくなるでしょう。デメリットとしての確かに結婚ができない、あるいは、結婚しにくいといった問題もありますが、私は正直結婚したくない人間なので、全くデメリットだとは思いませんでした。

 

しかも、転勤ということで会社からは補助が出ると思いますし、会社の補助で色々な場所に行けると考えると旅行代金が浮くとも考えられませんか?

 

ということで、

私と同じような人間であれば、おそらく転勤がある会社の方が幸せになれると思います。

確かに転勤がある会社とない会社、どちらを選ぶかと言われれば、転勤がない会社の方がいいでしょう。

ただ、転勤があるからといって、その会社を選ばないと言う事はまず無いのではないでしょうか?まして、それが本当にやりたい仕事なのであれば、転勤で辞める必要は断じてないと言えます。

転勤で奴隷のように企業から扱われていると思うが、それとも自分が好きなように行動できると思うか、考え方一つで大きく仕事観は変わります。

自分の選択肢を狭めてしまわないように広い視点で物事を見てみましょう。