タチバナ進学就職塾@774Netz

-進学就職情報メディア-

高学歴は外資系へ夢の年収2000万高給取りだ!自信たっぷりな人しかいないよ

自分に自信がある人は外資系に

 外資系出身の方に顕著に出るんですが、本当に自分に自信があります。

 「やれますよ」とか「これまであんな厳しい世界でやってきたんだから出来ますよ」と、

見た目からもう自信満々!という感じです。

 

正直私は典型的な日系企業なので、外資系企業の事に関しては詳しくはありません。

ただ1つ思うのは、外資系の方は非常に自信たっぷりな方が多くて、頭の良い方が多いということです。

外資系に興味がある方は、Utsuさんという方のYouTube動画を見ることをお勧めします。

高学歴ほど外資

典型的な日系企業ですと、年功序列・終身雇用と言う制度がいまだに色濃く残っています。

そのため頭のいい人からすると、会社の人たちがバカに見えるかもしれません。

なんで自分がこんなことをやってるんだろう。

早く仕事させてくれ。

そんなこと利益に全く関係ないじゃないか。

と非常に非効率なシステムに苛立ちを覚えることでしょう。

 

このように思う方は、外資系に行った方が仕事の満足度は高いと思います。

 

基本的に外資系は終身雇用ではありませんから、いつ雇用を打ち切られるか解りません。

すぐにクビになるという事は無いそうですが、ただ終身雇用ではないので、自分の言いたいことをズバズバと言わないと損だと言う考えのようです。

 

日系企業のように、とにかく上司に媚手伝ってごまをするという事もなくはないようですが、間違いなく日系企業よりかはない少ないと言えるでしょう。

 

ゴマをするのが上手い人は日系企業の方が楽に仕事ができるかもしれません。

ゴマをするというのは非常に重要な能力です。

仕事上とても重宝されるスキルですので、日系企業だろうが外資系企業だろうが、どこでも活躍できるとは思います。

できるだけ働きたくないと思うのであれば、外資系企業は辞めましょう。

バリバリと働いてお金を稼ぎたいと言うことであれば外資系にいきましょう。

f:id:createday:20190329160217p:plain

営業力ないと無理

基本的に外資系企業と言うのは営業です。販売代理店に近いですかね。

ですから、当然営業力が求められます。

営業力に自信のある方は外資系の方がおそらく稼げると思います。

 

自分に自信がある人であれば、外資系は向いていると思いますし、入ってよかったと思うでしょう。

 

私のようなへなちょこなダメダメ人間であれば、正直外資系は厳しいと思います。

毎日不安で不安で仕方ない、あー失敗したらどうしようなんて思っているような柔なメンタルでは外資系では通用しないです。

 

私の友人に1人非常に優秀な人が外資系企業に行きましたが、話を聞くだけで疲れてしまうような仕事の密度です。おそらく私の10倍所は働いていると思います。当然のことながら給料も初年度から私の3倍も稼いでいました。

びっくりしますよね。本当にそれぐらい稼げます。

お金を稼ぎたいと言うことであれば正直外資系企業いった方がいい思います。

東大生がなぜ外資系に行くのかよくわかりますね。

語学力ないとそもそも入れない

ただ1つ、自信がたっぷりであっても、やはり外資系企業ですので、語学力、特に英語のスキルが求められます。英語が苦手だよと言う方は勉強してください。

 

どうしても英語が勉強する気にならないと言うことであれば、日系企業に入るしかないと思いますが、日系企業でも商社やメーカーは非常に語学力を重視している傾向にありますので、選考突破できない可能性は十分に考えられます。

 

英語を重視していない企業と言うのは国内型の産業なので、今後縮小していく傾向にあるのは間違いありません。

将来的なことを考えるのであれば、確実に英語を必要とするような業界、企業に入る方が良いとは言えます。

しかし、グローバルな市場で戦うと言うことで、非常に激務になる事は覚悟しておいてください。

なんだかんだ日本と言う国は豊かで、そして日本語や日本の法律、システムによって守られている産業と言うのは楽に稼ぐことができます。これは間違いありません。潰れたとしても必ず税金が投入されます。JALがいい例ですね。

JR(東、東海、西)や通信キャリアなどですね。使わざる得ませんから、営業も必要ありません。

 

縮小していく市場の中で仕事をしていくのか、あるいは世界と戦って、仕事をして、金をどんどんもらっていくスタイルがあっているのか、そこは自分の価値観と考え方を基準に決めてください。