タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

仕事辞めたい…転職は20代まで30過ぎたら兵隊としての需要しかない転職は慎重に

転職は慎重に

転職に関して近年では昔と比べるとかなり転職市場というものが大きくなってきましたし、第二新卒と言う新たな転職枠もう誕生しましたが、依然として転職と言う物ができればすべきものではないと私は考えています。

そもそも転職をして待遇を上げていく給料上げていくジョブホッパーと呼ばれる人たちは特定のコンサルタントやエンジニアの方のみにしかなり得ないものです。

実際、転職している人と言うのはヘッドハンティングをされて向こうから来てくださいとお願いされるレベルでなければ基本的にはランクが下がるものだと考えてください。

そしてこのヘッドハンティングに関しても、最近は詐欺のような手口が横行していますので、一旦店になった自分の能力が認められている嬉しいと思って行こうかとついてイットブラック企業だったと言う話はよくありますですので、転職に関しては慎重に行うようにしてください。

甘い言葉に乗ってはいけない

大丈夫。辛かったら辞めて良いよ。

体の方が大事だからね。

 

 

優しい謳い文句や態度を取る人がいますが、はっきり言って危険です。

仕事を辞める際は次の仕事を見つけてから辞めてください。

これは絶対です。

なぜ、次の仕事を見つけてから辞めるべきなのか。

それはとても当たり前のことですが、相手は営利企業です。

優秀な人(利益を生み出す人)を安く雇いたいと思っているはずです。逆に労働者側は自分の能力に対して、最も給料がもらえ、待遇の良い会社に入ろうとします。

そう考えた時に、いくら優秀であろうとも、現在仕事がなくて次の会社が見つからなければあえて死んでしまう様な人は足元を見られるわけです。

これは企業側もしめしめと思うでしょうね。

雇うか雇わないかはうちが決めること。

雇わなくても良いけど、貴方このままだと餓死して死んでしまいますよ?良いんですか?

うちに決めた方が良いかもしれませんよ?となりますよね。

本当に仕事が見つけらない人は切羽詰まっていますから、今すぐにでも内定が欲しいと思うはずです。

自ずと、足元を見られ、待遇の悪い企業しか内定がもらえなくなるのです。

この危険性しっかりと把握していますか?

仕事が辞めたくなって辞めるのは構いませんが、逃げた先は前よりももっと大変で待遇の悪い仕事になる可能性が高いです。

それでは仕事を辞めても本末転倒なわけです。

ですから、絶対に仕事辞めないで、転職活動をしてください。

逃げたら余計につらくなる

日本において、転職は悪手と言わざる得ません。

ほとんどの人は待遇が悪くなります。転職をしてもいいのは20代までです。それ以上は兵隊扱いになり、一生上に行けないことになる可能性が高いです。

転職で給料を上げる人たちのことをジョブホッパーと言いますが、彼らは基本的にエンジニアや優秀なコンサルタントのような限られた職種であり、一般人ではありません。彼らのようにスキルを高めて転職という選択肢は一般的な職種ではまず不可能です。彼らのようにと、ネットに影響されて転職で給料を上げようとするのはあまりにも危険なので止めてください。

どうしてもつらい時は転職するしかない

ただし、どうしても辛い場合には転職するしかありません。ブラック企業で身を滅ぼしてしまう前に止めなければ、人生が本当に終わってしまいます。その場合には一刻も早く転職する必要があるでしょう。

しかし、また同じようなブラック企業に入ってしまっては意味がありません。

しっかりとなぜその企業がブラックで、どこが自分と合わなかったのかを分析して、転職先に生かしていきましょう。

そもそも転職は逃げの手段ではない

自分の適性に合わなかったから、より自分が活躍できる場所に移動する。それが天職と言うものです。ブラック企業だから転職するのも確かにわかりますが、そのブラック企業から逃げてもその逃げた先がブラック企業では意味がないわけです。

多くの方は自分の人生の軸と言うものを見誤ってしまったあるいは自分の能力が生かすことができないために転職をするのです。

転職はなるべく前向きな理由で行うことが望ましいと言うことです。

もう一度自分を見つめ直す

就職活動において、必ず聞かれる人生の軸というもの。

基本的には、

  1. お金
  2. 地位、名誉
  3. ワークライフバランス

この三つしかありません。

あなたはどれを最も重視しますか?私の場合はワークライフバランスでした。

新卒の時に本来であれば、考えていなければならないものですが、過ぎてしまったことは仕方ありません。

もう一度自分、自分が何を求めているのか考えてみましょう。

 

私の自己分析を紹介しましょう。

私は基本的に働きたくない人間でした。お金ではなく、安心感が欲しかった。そのための手段にお金が欲しかったのです。

つまり、安心感さえあればお金は必要がないものだった。それに、お金は稼げます。

私は時間と精神的な余裕さえあれば、お金は副業でもなんでも稼げると思いましたし、お金は必要ではありませんでした。地位や名誉も仕事ではないところで手に入れればいい。

しかし、時間だけはどうしても手に入れることができなかった。お金で買うこともできなかった。

もう私の仕事なら価値観はいかに精神的に安定性を持つことができ、ワークライフバランスが良いかということに絞られました。

お金は安くても良い、地位もいらない、住む場所にも拘らない、仕事内容もなんでもやるからワークライフバランスが良い会社に入ろう。

それが私の結論であり、就職の軸でした。

 

みなさんはどうですか?

一人一人違います。お金が欲しいのであれば、当然仕事はキツイでしょう。ワークライフバランスなどあり得ません。地位や名誉が欲しければ結果を残さなければなりません。お金は付いてくるかもしれませんが、ワークライフバランスは最悪でしょう。

ワークライフバランスを求めればお金はもらえませんし、地位も名誉もありません。

何かを選ぶというのは何かを捨てるということです。

ポケモン御三家で何を選ぶのかと同じです。貴方が真に求めるものを選び、そして手に入れるしかないのです。

 

neoキャリアが割と良いです

 

neoキャリアは新卒から第二新卒、高卒、中卒まで幅広く支援しており、就職エージェントとしてはかなり大手です。私も新卒時代に利用したことがあります。

 

私の実体験上、メーカーに関しては割とまともな企業の求人があり、限定求人だったりすることもあるため、ねらい目です。

エージェントはうまく利用しましょう。エージェント経由のほうが日程の調整や各種の連絡を代行してもらえ、面接の練習もできます。

ESの書き方も教えてもらえるでしょう。

ある程度、経験値を貯めたら、エージェントが持っていない企業への応募も考えましょう。

エージェントに頼まなくとも、人が集まる会社は自社のHPで採用応募をしていることが多いため、良い会社を見つけ次第、その会社のHPへ行きましょう。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

 

第二新卒ではなく、ある程度働いてから転職ではダメ?

 正直、第二新卒って厳しいですよ?

本当に第二新卒はキツイと思います。巷では盛り上がっていますが、うまくいった人が私の周りにはいませんし、やはり早期退職者を取りたいと思う企業は人手不足な企業だけなのでしょう。

転職サイトおすすめランキング

 1位doda

 個人的に最も良質な求人が多い転職サイトはdodaだと感じました。とりあえずdodaで仕事を探してみるのがいいと思います。

dodaはIT業界の転職に強いエージェントです。
転職エージェントにも総合型や専門型があり。さまざまな特徴や強みがあります。とりあえず、転職を考えるのであれば、dodaは登録すべき転職エージェントですね。

私が最もよく活用したサービスです。

 

ITエンジニア向け

社内SE転職ナビ

顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】 

社内SE専門の転職サイトもあるため、社内SEとして転職を考える場合には社内SE転職ナビもいいでしょう。

 

二次請け・三次請けのSE職が、大手企業へステップアップ転職するのは、現実問題としてハードルは高いです。

請負派遣や客先常駐の零細SIerの現職から脱出し、キャリアアップして上流を目指すことは簡単なことではありません。

自力では困難なハードルを越えるには、自分自身のスキルを正確に把握し、適切にアピールする必要があります。

安定した大手企業への転職を目指すなら、今までのスキルを活かして即戦力を武器に、IT業界に強みのある転職エージェントを利用するのが、一番の近道です。

中小下請けSEから大手企業に転職成功させて、脱奴隷・年収アップを狙いましょう。

 

その他の転職エージェント

RE就活はあまりいい求人がありませんでしたね…

第二新卒向けの転職エージェントなので、大手からの求人は少ないです。

転職サイトよりも、面談型の転職サービスを使った方がいいと思います。なぜならば、隠しルートがあるからです。

求人を掲載しているだけのサイトと転職サイトの違いは、限定求人にあります。

転職エージェントであれば、限定求人というものがあり、ウェブで公開されていない求人があります。これを狙うしかありません。

限定求人の中には稀に掘り出し求人があります。第二新卒で大手、大企業に行きたいというのはほぼ不可能ですが、ブラック企業からの脱出は確実にできます。