タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

日本が世界と戦える強い産業まとめ就活生なら知っておきたい情報

 

日本が強い産業

日本が強い世界に誇れる産業企業を思い浮かべたときに皆さんは何をどんな企業がどんな産業を思い浮かべるでしょうかやはり日本で最も時価総額が高くそして世界でも最も稼いでいるトヨタが1番初めに来るかもしれませんね。

実際日本の自動車はまだまだ世界で戦います。EV日の流れによってだんだんと車も家電化されていくと予想されていますが、おそらく今の就活生が退職するまでの間は会社が潰れる事はありえないと思います。

車以外にも日本はまだまだ強い産業が残されています。世界との戦いの中で特に中国の製造業の発展は著しく、スマートフォンや家電等は既に日本企業は戦えなくなり、中国が覇権を握っている状況になっています。

そして、中国は技術のノウハウを蓄積させていくことによって、高付加価値の商品を作り出すことが可能になってくるはずです。

そのような状況の中で日本企業が負けないようにするためにはどうしたら良いのかを考えていかなければならないでしょう。

ここで大事になってくるのは、追いつくのが難しい高度なノウハウが必要の産業が生き残りのカギだと言うことです。基本的に安く作りやすくいると言うような製品は全て中国に総取りされると思って間違いないでしょう。

カメラ

カメラはソニー、キャノン、ニコンだけで市場をほぼ占有しています。ただ、市場規模が小さく、利益率が低いので、儲かりませんが、業務やあのカメラに関して言えば、日本は世界最強ですし、潰れることはありません。

炭素繊維

東レ

日本の炭素繊維は非常に有名で世界視野も大きいですが、今後とも世界で戦っていけるかという点に関しては、中国でも新産業の力が伸びてきていますので、必ず安泰かと言われれば、私は怪しいと思っています。

潰れる事はまずないと思いますので、安心していいと思います。

自動車

トヨタ

ホンダ

スズキ

マツダ

スバル

日産

自動車部品

デンソー

アイシン

バイク

ホンダ

ヤマハ

バイクも日本が強く、ホンダやヤマハなどが有名です。これもカメラと同じで利益率が低いので儲かりませんが、市場規模は大きいので売り上げは上がります。潰れることはまずありえませんが、今後は中国の勢いも強くなるので、注意が必要です。

タイヤ

ブリヂストン 

ブリヂストンは世界的にも有名な企業ですしアメリカ人の中にはブリヂストンが日本の会社だと言うことを知らない人がいるようです

それぐらい世界的に知名度も高く対応の質も高いのでまずこのブリヂストンと言う会社が潰れる事はありえないと言っていいでしょう

産業用ロボット

ファナック

激務高級です。

20代でも1000万円を超える人が出てくるようです。

安川電機

 

工作機械

DMG精機森

名古屋駅前に自社ビルを持ち、非常に儲かっていることがよくわかります。

まず潰れることないでしょう。

オークマ

ヤマザキマザック

 

ベアリング

ノリタケカンパニーリミテド

 

医療機器

キャノン

鉄鋼建設機械

コマツ

ゲーム

ソニー

任天堂

森村グループ

 業界ではありませんが、企業グループとして、世界と戦える企業として、森村グループを挙げておきます。

ノリタケカンパニー

日本特殊陶業

日本碍子

TOTO

世界で戦うからには激務覚悟

世界で戦うからにはそれ相応の努力が必要になると考えてもらっていいと思います。

ですから、これらの企業は比較的激務になる可能性が高いのです。その点は覚悟しておいてください。

ただ、激務といってもしっかりとお金をもらえると思いますし、ワークライフバランスの改善も行っている企業が多いので、中小企業よりもはるかに恵まれています。

就職四季報 総合版 2020年版 (就職シリーズ)