タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

公務員の待遇の特徴はコレお金が要らない人には良い仕事

公務員の待遇はこんな感じです

人事院勧告が成されるまで公務員の給料はとても低いです。
公務員の給料は年功序列で歳を取れば加算されて行くので、現在、みんなが見ている人達(バブル期後)だけ見ると高給な様に見えますが、実際は、景気によって左右されます。

税金で運用されていますから、民間の経済力が無くなれば、税金も少なくなり、ボーナスは減らされます。
正社員や公務員の場合は、一度上がった年配の給料を下げる事はほぼ出来ませんので、必然的に新人の給料が下がる、上がらない状況になります。

ですから、大手民間企業では、40代あたりから子会社に転籍させて人件費を抑えたり、無理やり部署を変えて退職に追い込みます。

しかし、公務員ではそのようなことはなかなか出来ないので、高級な人がいつまでも居座り、若者のいつまでたっても低いと言う状況が生み出されます。

 

これから、公務員を目指しても
はっきり言って給料は良いとは言えません

しかし、それでも私は公務員はかなり旨味がある仕事だと思っています。

公務員の良いところ

公務員の良い所は当然あります民間企業とは違いこれから紹介する点についてはある人から見ればメリットだと感じると思います。

ボーナスが0になることはない

明端の給料分が平均値を出しているため当然民間の給料が下がれば公務員の給料も下がりますしかしながら突然民間企業のように業績が悪くなってボーナスがゼロになると言う事はまずあり得ませんボーナスの額は減っても必ず支給されますそこが公務員のいいところでありますこれがいわゆる込みには安定してると言われる理由ですね

福利厚生は大企業並み

福利厚生に関して言えば大企業とそう変わりません。休みも多く、制度上も使える手当が多いので、この点に関しては公務員は良いといえます。

年収は大企業に比べてかなり低いですが、それでも民間企業の平均値と同じぐらいなので、トータルで考えると大企業よりかは下ですが、中小企業よりは上であることが多いです。

福祉厚生が充実していたり、

具体的な例を挙げると、家賃手当が27000円。

介護休暇、育児休暇と夏に5日間の休みがあり、休みに関してはかなり多いです。

自己啓発手当というのもある場所もあり、1年で3万円程度支給されることもあります。

退職金が多い

現場では退職金は民間企業と比べると非常に多くもらっていますか現在の日本の状況考えるとなかなか厳しいものがあると思います退職金制度が維持されるとは思えないのでこの点今から米になる人であれば退職金には期待できない可能性がありますただそれでも民間企業の平均値程度には出ると思うので退職金がもらえないという事はおそらくないと思います

退職金が民間より多いのは否定しませんが
生涯年収では民間より低い場合が増えてくるでしょう。

ノルマがない

警察や国税専門家にはノルマのようなものが存在しなくもないのですが多くの行政職の公務員にはノルマは存在しませんですので精神的なプレッシャーは少ないと思いますこの点が民間企業との違いになります法間に追われるのが辛いと言う人であれば公務員を目指すのもいいかもしれません


 転勤がない(地方)

地方公務員であれば、金がないことが多いです県庁であれば県内を移動するので引っ越しをする事はありますが基本的には県内から出る事はありません正しいこれは地方公務員だけの話でコカ公務員であれば日本全国どこでも取りまりまし入る場所によっては海外行くことも可能性としてはあります。

公務員の悪いところ

当然のことながら公務員にも悪い面があります

人間関係

公務員は人材の流動性が低いために人間関係が特使の場合が多いですこの人間関係によって仕事を続けられなくなる人も多くいますのでこういった点がコンビニの悪いところだとも考えられます民間企業の場合には転職したり武将移動をするなど行えば変わることができますか特に地方公務員で、金もない公務員の場合にはかなり厳しい状況になると思います

スキルが身につかない

ゴミはゼネラリストので専門性が身に付きませんですのでスキルが身につかないと言うことになりますただこれを行政職に限ったことで専門職に限って言えばスキルが身に付く仕事であることもあります例えば国税専門家等は17年勤めれば条件を満たすことによって税理士の資格を取得することも可能ですしその他にも教員や警察等も特殊な業務ですので専門性を身につくと思います

転職できない

上記で挙げたようにゴミはスキルが身に付きづらいので基本的には転職はできませんですから新卒の段階であればまずは民間企業を目指すと言うのも選択肢の1つに入れていいと思いますただ私は転職はあまりお勧めしていませんのでいちど入って失敗したと思った場合にすぐに辞めて転職しなければその次の転職はキャリアは望めないと思ってもらったほうがいいと思いますヘッドハンティングされるレベルの転職でなければ基本的に給料は上がりませんしここ最近ヘッドハンティングに関してもエスヘッドハンティングのような人材不足の会社がわざとやったんヘッドハンティングのように見せかけて人材を確保するやり方が流行っていますのでその点は注意が必要です

給料が安い

公務員の最大のデメリットとしてやはり給料が安いということが考えられます一般的な民間企業の平均値を出していますので大樹様に行った時と比べて年収が半分以下になるということも珍しくはなくその、劣等感を感じたり公務員をやめたくなる人が出てくることがあります

公務員の給料の算出方法は従業員数50人以上の民間企業の平均値を出していますので当然流量が大企業のように高くなるはずがないんですよねなぜか公務員は高給取りだと騒ぐ人たちがいますが決してそんなことはなく大卒の中ではむしろ低い部類に当たると思いますしかし年収だけでは測れない価値と言うものが米にはあります休みが多かったり福利厚生が充実していたりノルマが課されなかったりそして今現在は1時廃れている賠償金が民間企業に比べて多いなどなどこのようなメリットがあるためにそれでもなお人気のある仕事となっています以上のメリットデメリットを見比べて自分が民間企業に適しているのかあるいは公務員に適しているのかを判断していただけるといいと思います