タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

大学に入るということは投資です。日本では大卒一択!成功するかはあなたしだい

大卒は本当に高卒より稼げるの?

いい会社に就職するには、いい大学に進学しないと――。そんな考え方は今なお根強く、昨年度の短大を含めた大学進学率は57.9%と過去最高だ。その根拠になっているのが、生涯賃金だろう。

労働政策研究・研修機構」が発表した「ユースフル労働統計2018」によると、大卒の生涯賃金は平均2億7000万円だが、高卒は平均2億1000万円。高卒は大卒より6000万円ほど下回る。

 あくまでも平均で、大卒の収入を上回る高卒もいるだろうが、社会人になったら本当に大卒の方が高卒より有利なのか。高卒のキャリア支援を行う「アスバシ」の毛受芳高代表が言う。

「前出の統計は、新卒から定年まで転職せずに働いた場合の数字です。転職が当たり前の今、果たして参考になるでしょうか。企業規模別に集計した統計データでは、1000人以上の企業に就職した高卒の方が、100~999人規模や10~99人規模の中小企業に就職した大卒・大学院卒の生涯賃金を上回るのです」

 大企業の扉は大卒でも狭き門。国立大や有名私大など高学歴が有利になりやすい。そこまでの学歴がかなわなければ、大卒で中小企業に進むよりも、高卒からキャリアを磨く方が将来的には幸せになれるかもしれないのだ。

「同い年の大卒社員が入社してくるころには、4年間のアドバンテージがあり、高卒社員がスキルアップし、管理職になっているケースは珍しくありません。その間、大卒社員は高い学費を払って大学に通っている。大学で学んだことが仕事に生かされるわけではないことは往々にしてある。大卒だからといって、すでに働いている同い年の高卒との能力差は埋めづらいでしょう」

 奨学金を借りて大学に通う人もいる。“大卒ブランド”は、借金してまで必要なのか。

「大切なのは、自分が何をやりたいのか、どんなことに興味があるのかを考えさせる教育。最近では、高校生のインターンシップも増えています。企業側も高卒の価値を再評価し始めており、積極的な採用をする企業が相次いでいて、学歴関係なしをうたうベンチャーは少なくありません。高校生の起業家も生まれている時代ですから」

 学びたいこともないのに何となく大学に進学する時代は、もう終わりかもしれない。

進学率60%は過去最高 大卒は本当に高卒より稼げるのか?(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

大学の学費500万で生涯賃金、所得は5000万増える

私立文系ですと、学費やその他諸々の金額は500万程度。500万円は大金です。

目の前にすると動揺してしまいます。それぐらい大きな投資だということは理解しください。

しかし、大学卒業なら40年以上もある社会人で簡単に取り戻すことができますし、逆に儲かります。

生涯年収では6000万も変わりますし、大卒を得るために投資するお金は私立文系で500万円。単純に上手くいけば、5000万以上のプラスになります。大卒というのは投資なのです。

それだけの価値が大卒にはあるのです。だからこそ皆が若干を背負ってでも大学に行きたがるのです。

日本では大卒一択

私は日本社会での資格として大卒を取らないということはありえないと思っています。

高卒と大卒では入ることのできる企業が全く違います。騙されてはいけません。工業高校であれば大企業に入れるかもしれませんが、それ以外の高校で大企業に入るのは不可能です。まして、普通かならなおさらのことです。

上の記事はあまりにも高卒に無知です。高卒の就活と大卒の就活は全く違います。大卒の場合は複数の会社から内定を受けて、決めることができますが、高卒は一社受かったらそこに就職することになります。

生涯年収では6000万も変わりますし、大卒を得るために投資するお金は私立文系で500万円。単純に上手くいけば、5000万以上のプラスになります。

大学での勉強は無駄なことが多いが、大卒は必須

大学での勉強は役に立たないから行く意味がないと言う人もいます。

確かに大学の勉強は社会に出て役に立つことは少ないです。

しかし、大卒は日本で普通の生活を手に入れるためには必須です。

大卒というよりも、大卒での新卒カードが6000万の価値があります。つまり、新卒で失敗すれば大学進学への投資は失敗したということになります。再三言っていますが、大学入試はあくまでも手段。失敗しても、就活で成功すれば良いのです。

反対に、大学入試に成功しようが、就活に失敗したら全て無駄なのです。受験生の人は勘違いしないでください。

奨学金ほど金利が安い借金は存在しない

奨学金借りないのは本当に損です。

奨学金ほど安い借金は日本には存在しません。それほどまでに学生有利である事は確かです。この奨学金からあなたは、何倍ものお金を手にすることができるのです。

大卒は非常に割りのいい投資だと思います。全て勉強と就活に当てれば、良い財産となります。

そのためには、資金が必要となるのですが、お金を借りるにしても銀行で借りた場合は利子が5%以上つくことが普通です。それに対し奨学金は0.1%ほどです。これほどまでに低金利で学生にお金を貸してくれる場所が存在しないと言っても良いでしょう。これを使わない手はありません。お金がないからといって大学進学を諦めてしまうのは非常にもったいないですし、そもそもそんな考えを持っている時点であなたはお金持ちにはなれません。投資という概念を知りましょう。

しっかりと大卒や知識に投資をして、そして資金をいつまでに回収できるのか、その利益がどの程度出るのか言ったことも考えなければなりませんし、大卒や高卒の障害賃金をしっかりと理解をしていれば、そもそもこの日本において大学進学をしないと言う選択肢はあり得ません。

絶対に私なら大学進学を選びます。確かに学問は重要ですが、その学問と言うのは、国がそして人類が発展するために必要なものです。多くの方はそんな大それたことを出来るような人間にはなれません。普通に生活をして普通に生きていくだけで精一杯なのです。

ですから、大学で学問を学ぶんだぞ!と言うような強い気持ちを持っている人以外は、普通に単位を取って就職しましょう。

 

学問を極めたい方は、大学院でしっかりと勉強してください。

学部卒で、特に私立文系の場合は完全なる就職予備校です。私は就職予備校でいいと思っていますし、就職予備校がなければ、私を含め、多くの方はまともに会社に入ることすらできません。それが現実なのです。