タチバナ進学就職塾@iCreeks!

-進学就職情報メディア-

就活なんて余裕すぎる。マジで売り手市場だから自信もって(根拠のない自信も必要です)

 

中小は売り手です

 中小企業なら売り手です。

だから、結構内定が出る。大企業は無理ですね。中小企業で内定企業で確保して自信をつけましょう。なんだ、就活って楽勝じゃん!自分ならどこでも受かるんじゃないの?ぐらいに思っておくといいと思います。

落ちたときは責任転嫁しましょう。無能企業め!採用しなかったことを後悔させてやる!ぐらいに思うと良いと思います。

ちなみに、あの有名企業リクルートは人事に最も優秀な人を置くそうです。当たり前ですね。企業とは究極的には人の集まりなので、当然その人を選別し、採用する面接官が無能な会社は確実に落ちぶれてしまいます。

私の実力が見抜けなかった。それだけで株価がモリモリ下がるぞ!あーもったいない!覚悟しておけ!と思っておきましょう。

(就活はこれぐらい強気の方がいいです。)

 

とにかく思い込め!

人生で大事なのは自信です。

小さな成功体験を積み重ねれば、人生が急速に、連鎖的に変わっていく。

ここに書いてあるのは、本当であり嘘です。

思い込め!!自分はなんでもできる優秀な人間だと。挑戦し続けろ。諦めるな。

身体が動けば、なんでもできる。健康に気を使い、怪我を徹底的にしないようにしろ。それだけでいい。それだけで山ほどチャンスがある。絶対に幸せを勝ち取る。私が生まれた理由は私が世界で輝くためなのだ。

そうすれば、人生楽しくなるぞ。嘘でもいい。思い込むことが重要だ。できる!絶対できる!諦めるな!卑下するな!誰だってなんでもできる!できなかったら、酒飲んで忘れろ!

就活は心が折れたりもします

就活は余裕ではありません。鬱業になってしまったり、心が折れてしまうことも珍しくありません。

しかし、時間は待ってくれません。就活は新卒の時でなければ、いい会社に入ることができないのです。ですから、毎日送られてくるお祈りメールに屈することなく、自信をもって次々に挑戦していかなければならないのです。

そんな状況の中では時として根拠のない自信も必要となる時があります。すべての人が理想的な会社に入ることはできません。それでも、落ち込んでいる暇はないのです。就活で失敗しても命までは取られません。自分を採用しなかった会社は見る目がないと思っておけばいいと思います。そして、もっと良い企業に入れるように頑張りましょう。