タチバナ進学就職塾@774Netz

-進学就職情報メディア-

日大の危機管理学部が超穴場に!Fラン生は急げ!

日大のブランドは下がったな

 同大の全学部とも出願を受け付け中だが、17日現在、夜間を除く全体の志願者数は3万6312人で、昨年の最終志願者数11万4316人の32%にとどまる。中でも2月25日が出願締め切りの危機管理学部(定員150人)は17日現在、志願者数が327人と昨年の最終数1877人の17%。全学部の中で最も割合が低い。

ソース https://www.yomiuri.co.jp/national/20190121-OYT1T50007.html

 

全体で30%程度。つまり、志願者は7割減。これは非常にマズイですね。大学は受験料で稼いでいます。

 

日大には苦しい状況でしょう。日東駒専から外れる可能性も無くはありません。

就職への影響は?

就活への影響懸念の中…日大、学生に呼びかけ「臆することなく就職活動に励んで」

 アメリカンフットボール部の騒動に揺れる日大は29日、公式サイトを更新。学生への就職活動への影響が懸念されている中、就活中の学生に対し「臆することなく引き続き就職活動に励んでください」と呼びかけた。

「就職活動中の学生の皆さまへ」と題し、「日本大学学生部」からのお知らせを掲載。アメフット部の悪質タックル問題を巡り「現在、本学に関するさまざまな報道がなされており、就職活動に奮闘している学生の皆さまは採用への不安にかられていることと思います」とし「この点、大学の対応が遅くなりましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、就職活動課として「学生の皆さまの就職活動への影響が最小限となるよう、企業・団体の採用担当者に従前どおりのご配慮をお願いしています」とも伝え「学生の皆さまは臆することなく引き続き就職活動に励んでください」と呼びかけ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000101-spnannex-spo

私が企業の採用担当であれば、あまりとりたくはありませんね。

ただ、日大はマンモス校なので、大学の名前だけで落とされることはまずないでしょう。

しかし、印象が悪いのは事実。

 

日大の呆れた事件

f:id:createday:20190121171329j:image

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質な反則行為をめぐる問題で、去年、大量に部員が退部した背景にコーチによる暴力問題があったことがJNNの取材で分かりました。

 「コーチに殴られて、耳の神経が麻痺してしびれが出てきちゃって」(当時を知る関係者)

 この問題をめぐり、日大アメフト部でコーチによる暴力問題などから去年、およそ20人が一斉に退部したことが分かりました。当時を知る複数の関係者によりますと、去年初め、選手がコーチに殴られけがをしたものの、部内には「練習による脳しんとう」と説明されたということです。

 「言葉悪く言えばもみ消すと。問題にならないようにすると聞いています」(当時を知る関係者)

 関係者によりますと当時、部員は「日常的に暴力・パワハラがあり、コーチらに逆らえない状態だった」と訴えていたということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180528-00000030-jnn-soci

悪いのは、監督だから…ってなりません。

そんな監督を擁護したり、雇ってる日大は大概ですよ。

関学QB父怒った、日大第三者委から不愉快発言

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で負傷した関学大2年生QBの父、奥野康俊氏(52)が10日、自身のフェイスブックで日大の第三者委員会によるヒアリングを受けたことを明かした。

 奥野氏によると、午前10時から約3時間半行われ、第三者委員会からは委員長を務める勝丸充啓弁護士、磯貝健太郎弁護士が出席。奥野氏は「何を守るための第3者委員会なのだろうか、事実を確認するだけで、真相究明する気は全くない。息子に怪我(けが)をさせた理由を知りたい」と不信感を募らせ、その経緯を以下のようにつづった。

 「ヒアリングを受けていたが、途中に、勝丸弁護士の、あのタックルは怪我を軽くするためのタックルだったのでは、という説明に、不愉快になり、私から、ズバリ質問をした」

 息子が負傷させられたプレーをめぐる弁護士側からの発言に、不快感をあらわにし「中立を担保するために、あなたは、日大との利害関係はあるのかないのか尋ねた」という。

 そして「勝丸弁護士は、ない。と答えた。次に、今回の調査で日大からお金をもらっているのかと聞いたら、はい。と答えた。果たして、これで利害関係がないと言えるのか。明らかに、嘘(うそ)だ。と私は感じた。その契約書を開示してくれませんかと尋ねたら、出来ないと勝丸弁護士は答えた。開示して困る事は無いはずだ」などと、強い言葉で説明を求める意見をつづった。

 奥野氏は5月31日に日大の内田正人前監督と井上奨前コーチについて、傷害容疑の告訴状を警視庁調布署に提出している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00235246-nksports-spo

 

日大ブランドは見事に落ちましたね。それでも今後どの程度持ち直すか、気になりますね。

立て直すことが出来れば、今日大危機管理学部に入っておくと得ですよ!